ホーム湯シャン ≫ 湯シャン。洗髪後3日目でも臭わない。

湯シャン。洗髪後3日目でも臭わない。


私が発酵液を使った「湯シャン」をはじめてから2か月半くらいになります。息子(28才)が意外にも自分から「湯シャンを始める」と言いだしたのはこんなことからでした。


 面白いブログがたくさんあります。
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
息子は、私の頭の臭いをチェックしてくれるただ一人の貴重な人材です。長女・次女は、かぐ前から「臭いはず」と警戒して臭いチェックなどは一切してくれません。

夫は、私がシャンプー使用をやめたことすら知らないため、臭いチェックを頼む対象外です。(シャンプーを使わないことに偏見を持つにちがいないので知らせていません)

3日目でも臭くなかった


盛夏だというのにたまたま、私が髪を3日も洗わないことがありました。「3日間髪を洗っていなくても湯シャンの頭は臭くならないんだよ」と言ってみました。

臭わないことに自信があったわけではなく、「臭い!」と言われることも覚悟でのチャレンジでした。ところが、クンクンと嗅いだ息子の反応は「ホントだ!臭くない!」と驚いています。

息子が決心した


以前に、「シャンプーの化学物質は女性では子宮に溜まり、男性では前立腺に溜まってガンの原因にもなり得るんだよ」「お産のとき『「羊水からフローラルの香りがする』、という話もあるんだよ」

と、話したときにも息子の心は少し動いたようでした。その後、「石けんシャンプーをやってみた」と言っていました。でも、正しい石けんシャンプーの使い方を知らず、自己流で行ったためベタついたのです。

それで印象を悪くしたのでしょう。しばらく「脱合成シャンプー」の試みは休止して合成洗剤のシャンプーに逆戻りしていました。

それでも、夜のウォーキングにいっしょに出かけるときに、湯シャンの経過と成果の話を息子によく話して聞かせていました。

「頭皮にいい」、「体にいい」、「家庭経済に貢献」、「地球環境にも貢献」、といいことづくめ。それに「在宅の○○(息子)にとって、ハードルが限りなく低い=多少ベタついたとしても我慢して成功までこぎつけやすい」

上記のことを改めて聞いた息子は、「自分も湯シャン、やる!」と宣言したのでした。別にそれを狙っていたわけではなく、ただ話したいことを話しただけだったのですが。

湯シャンへはいきなり変更してはだめです。石けんシャンプーの日と湯シャンの日をまぜながら湯シャンへ移行していくのです。その具体的方法はこちらです⇒この方法で湯シャンがうまくいく

息子に湯シャンを決断させたこと


息子を湯シャンへの決心に駆り立てたいちばんのもの。それはやはり「3日たっても臭わない」という事実を自分の嗅覚で確認したことだったようです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示