ホーム健康・美容 ≫ シンプルに健康に生きるためのやせる食べ方。

シンプルに健康に生きるためのやせる食べ方。


コレステロールを増やさずにやせる食べ方について書きます。


 面白いブログがたくさんあります
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
やせる食べ方の基本を私は以下のことだと考えています。

1.食前に理想的なものを食べる
2.ご飯のお代わりをしない
3.脂肪・糖質に注意する
4.栄養バランス、特にビタミン・ミネラル
5.よく噛む
6.満腹するまで食べる必要がないことを知っておく
7.食事はエサであることを理解する

順番に説明していきます。


1.食前に理想的なものを食べる


できれば食前に寒天、ところてん、こんにゃくのいずれかを食べられたらいいです。低カロリーであり、豊富な食物繊維が血糖値の急上昇を防ぎ、肥満を防止してくれます。

その上で、食事は野菜やみそ汁から食べ始めます。


2.ご飯のお代わりをしない


ご飯は腹6~8分目。お茶碗にこれくらい、と決めて覚えておきます。ここにあるだけのご飯で食事をするのだ、と最初から決めておくのです。

そのようにお代わりをしない習慣をつけていくことで胃袋はわりとすぐに小さくなり、それ以上は欲しくなくなります。というより、もうそれ以上は食べられなくなります。


3.脂肪・糖質に注意する


悪玉コレステロールを増やす肉やバターを減らし、中性脂肪を下げ善玉コレステロールを増やすEPA、DHA、α-リノレン酸を積極的に摂ります。

EPA、DHA、α-リノレン酸が豊富に含まれている食品はさんま、いわし、さば、えごま油、しそ油などです。

糖質については、ご飯を定量にすることとその他の炭水化物・甘い物の過食に注意します。

関連記事です:ペットボトル飲料などの糖分に潜む危険性。夏には特に要注意です。


栄養バランス、特にビタミン・ミネラル 


現代人は動物性たんぱく質や脂質の摂取が増え、不足しがちなのはビタミン・ミネラル、食物繊維、フィトケミカルだといわれます。

(フィトケミカルとは、色、香り、苦みといった従来は栄養素として考えられていなかった成分のことをいいます。)

それらは身体の機能を正常に保つために欠かせない物質です。不足すると代謝も悪くなりやせにくい体質になってしまいます。

ですので野菜、海藻は特に意識して摂るようにしたいものです。


5.よく噛む


言い古された言葉ですが、これが健康に痩せる食べ方のエッセンスです。

よく噛むことで胃に入った食物が膨張して過食をストップして、一定量のご飯で満足しやすくなります。また、消化器官の負担を減らし、疲れにくくなります。


6.満腹するまで食べる必要がないことを知っておく


満腹感を覚えるまで食べるのは食べ過ぎです。満腹するまで食べる必要はないのです。なぜなら、満腹感は少し遅れてやってくるからです。5~10分ほど後に。


7.食事はエサであることを理解する


口が悪いようですが、これが「シンプルに健康に生きるためのやせる食べ方」の神髄だと思っているのです。私たちは「○○が食べたい、飲みたい」というようなことをよく言いますが、

本来は飲食物は、身体に与えてあげる「エサ」なのだと思います。適切なものを適度に与えてあげ、その機能を正常に働かせられるようにしてあげる。

そういうものだと思います。その結果、そのプロセスを楽しむことは大いに結構です。

ところが楽しむことのためにエサの質や量が適正さを欠いてしまい、心身の不調に陥っているのが私も含め多くの現代人の実態ではないかと思うのです。

読者の皆さんが召し上がる物を「エサ」だなんて表現する失礼をなにとぞご容赦ください。



スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示