ホーム食生活 ≫ かに棒との出合いと、超節約でもごちそうに見える「にぎり寿司」について

かに棒との出合いと、超節約でもごちそうに見える「にぎり寿司」について


かずかずある節約レシピのなか、我が家でナンバーワンの人気レシピ、超節約にぎり寿司について書きます。かに棒との出合いの話も。


 面白いブログがたくさんあります
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
節約寿司

ごらんのとおり、超節約にぎりのネタは「板かま」と「かにかま」です。


かにかまとの初めての出合い



かにかまについて調べてみたところ、今から43年前の1972年から広まったとのことです。その年、22才の私はつてを頼りイギリスロンドンへ渡りました。

固定相場制が崩れて1年未満でまだ1ドル360円に近いレートだったと記憶してしています。見聞を広めるために、人種のるつぼロンドンでバイト生活です。

多少イングリッシュスクールにも通いましたが主にバイトに明け暮れました。労働許可も取得していなく仕事につくのは大変でした。

約3年後に帰国して東京で勤めはじめたころに私は「かにの足」を買っておいしく食べました。それが「かにかま」だったと知ったのは少しあとになってからでした。

そのときは「かに」であると信じ、なにも疑いをもちませんでした。かまぼこであると知ってからは、かにに似ていると思うことはできなくなりましたが。

「かにかま」は約20年前から「surimi(スリ身)」という名前で世界に広まってアメリカ、ヨーロッパで人気なのですね。フランスでは年に一人平均3キロのかにかまを食べているそうです。

かにかまはまた、戦後の食品の三大発明とされているそうです。(インスタントラーメン、デトルトカレー、かにかまの順)


超節約にぎり寿司



このお寿司を見ると「おーー!」と、大の大人である我が家の子供たちの顔がほころびます。料理を「美味しい」と判断するための要素として味覚は数割にすぎなく視覚的要素が大きいと説があるそうです。

私は「魚は魚だからね」というようなことを言いながらいただきます。「板かま」より「かにかま」の方が人気があります。海外で爆発的に広まっただけのことはありますね。

板かまの方も高級品を使うとかなりいけるのかもしれません。でもそんなに高級品を使っては節約レシピとして意味がなくなってしまいます。

「かにかま」はそのまま食べて感動することはむずかしいですが、チャーハンなどの材料として使うととてもおいしくなりますね。

海外での方がきっといろんなレシピが開発されていることでしょう。サンドイッチにはさむのもあるそうですが、それはどうなんでしょう?

「かにかま」を見直してほかにもおいしい食べ方を見つけてみたい、と思うようになりました。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示