ホーム健康・美容 ≫ 私が市販カレールーを買わないたった1つの理由

私が市販カレールーを買わないたった1つの理由


子供に好かれるメニューとして知られるカレー。大人でもカレー好きはけっこういるようですが私も好きです。香りが食欲をそそります。

でも市販カレールーの使用はもうずっと以前にやめました。


 面白いブログがたくさんあります
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

以前は食べていたカレールー


私は肉や肉エキスの混入したものを食べない自称「半ベジタリアン」です。正確には「ペスクタリアン」といいます。

以前は肉そのものを食べないものの、肉エキスが混入していることについては頓着していませんでした。

ですから、その当時はカレールーを使ったカレーを食べていました。ところがしだいにエキスもいやになり摂るのをやめてしまい、カレールーも食べなくなりました。

カレールーはよい食べ物ではない


自分が食べなくなっても家族のためにカレールーを使ってカレー作ることがありました。家族の中で肉を食べない人間はいますが、肉エキスまで避けたい人間はいないからです。

現在、家族にもカレールーを使わなくなったのは、家族にとってもいい食べ物ではない、と思うようになったからです。

振り返ると、カレーを食べた後は決まって胃もたれしたり胸焼けしたりしていました。市販カレールーををやめたら、そのようなことが一切なくなっていたのです。

これは、肉エキスを摂る摂らないは別として、家族の健康に害になるにちがいない、ということで家族に対しても市販カレールーは廃止にしました。「胃腸に悪いこと」=「体に悪いこと」ですから。

カレールーの何がいけないのか


近年のカレールーのランキングで以下のようなものがありました。

1. バーモントカレー(ハウス食品)
2. ジャワカレー(ハウス食品)
3. こくまろカレー(ハウス食品)
4. 2段熟カレー(江崎グリコ)
5. ゴールデンカレー(エスビー食品)

私も、多分そのようなものを使っていたのではないかと思います。

それらの原材料を調べてみました。それらは牛脂、豚脂(ラード)、パーム油などの油脂が一番目に表示されています。つまり小麦粉や調味料・香辛料をそれらの油で固めてあるのがカレールーの実態です。

このようなものを食べて胃もたれや胸焼けを起こすのは当然だと感じられます。

ネット上では、レトルトカレーやカレールーで胃もたれや胸焼けを起こすのは自分の身体がどこか悪いのではないか、甘口なのに・・などと心配するような声がけっこう見受けられました。

香辛料ではなく油の問題なのです。

ただ、食べるのをやめればいいだけだと思います。身体にとっては大変なストレスです。いくらおいしくても、胃もたれや胸焼けを起こすものは自分の食生活からカット✁しましょう。

しかし、子供たちが好むメニューだからこそ、特に問題ありですね。

不健康極まりないような食品がごくふつうに流通して人気商品になっているようなことはほかにも山ほどありそうです。

カレーは不健康な食べ物?


本来のカレーとは香辛料を生かした健康的な食べ物だと思うんですけれどいかがでしょうか。

私は市販カレールーをやめてから、カレー粉やほかの香辛料を使って自作のカレーをときどき作るようになっていますが、胃もたれ・胸焼けはもちろん起きていません。こんどレシピを載せてみますね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示