ホーム洗浄剤・消臭剤・エキス・サプリなど ≫ セスキ炭酸ソーダがあれば、「重曹電解水」も「生成器」も不要です

セスキ炭酸ソーダがあれば、「重曹電解水」も「生成器」も不要です


十何年か前に、重曹電解水(洗浄液)生成器なる高価な機械を購入し、相当の電気代もかけながら使用していた私です(汗)。

そのずーっと後に、セスキ炭酸ソーダに出合い、使い始めて3年あまりたちますが、あの重曹電解水や生成器はどうなったのでしょうか・・・


 面白いブログがたくさんあります
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

重曹電解水ビジネスはいまだ健在


どら焼きに入れる膨張剤である重曹と水だけで、無害な洗浄力の高い洗剤ができる。環境を汚さないエコな商品である。無害なので落とし切れなくても残留物の心配がいらない。野菜などの農薬を減らせる。

重曹電解水ビジネス」は、自然志向の人の心をたくみにつかみ、法外価格の機器や、洗浄液を売るビジネスです。

重曹電解水ビジネスの矛盾


重曹電解水ビジネスの矛盾が「石鹸百科」の姉妹サイトに解説されています。→ニセ科学と石けんの諸問題

上記サイトの要点を抜粋します。

●「環境によい」と言いながら、その実は電気代を使って運送コストのかかる形に加工して排気ガスをまき散らしながら異様な高値を付けて消費者に届ける。これが電解水を売るということ。

●しかし電解水もさることながら、もっと問題なのが電解水生成器の販売です。訪問販売の被害体験談などによると、サービスと称して値引きした電解水をエサに面会を取り付け、玄関先で何時間も粘って一台30数万円する生成器を購入させるというのが典型的な手口。

●しかし、すでに手頃で便利な各種アルカリ剤が存在するのに、あえて最もpHの低い重曹を、何時間もかけて分解しなければならない30数万円の機械がなぜ必要なのでしょうか。

●そのような機械がエコロジカルな商品だと言えるでしょうか。むしろ、環境や家計に無駄な負担をかけるばかりの無意味極まりない商品ではないでしょうか。

重曹電解水の効果・効能と謳われていることについての検証がこちらでなされています。→重曹電解水のその他の「効果・効能」

セスキ炭酸ソーダがあれば重曹電解水は要らない


重曹電解水には洗浄効果があります。でも、その同様の洗浄効果はセスキ水にもあります。セスキ水はセスキ炭酸ソーダを水にとかすだけです。

重曹電解水を買っている方は次からはセスキ炭酸ソーダに切り替えるのがいいですね。同様の効果のものが格段に安いですから。

重曹電解水生成器を使っている方もセスキ水をどうぞ使ってみてください。重曹電解水もセスキ水もどちらもいいものです。それなら、電気代も時間も手間もかからない合理的な方を選んでください。

十何年か前、まだ大容量の安い重曹も見かけず、重曹を掃除などに使用することも一般的ではありませんでした。

そんなときに、「水から作る無害で洗浄力の高い洗剤」という謳い文句で販売され始めた重曹電解水生成器に胸がときめ、即購入を決めた私でした。(私が買ったのは5万円くらいだったかと)

今は、セスキも一般化していますし、重曹もセスキも溶かして加熱するとよりペーハーの高い炭酸ソーダに変化するということも簡単に調べられます。

もうずいぶん前から、重曹電解水ビジネスにつかまるような時代ではなくなっている、と思いますのが、ビジネスは健在のようですのでどうぞ気をつけてくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示